環境に配慮した取組の状況

  1. 目標と実績

    (1)目標 温室効果ガス排出量:前年度比 2%削減
      コピー用紙の使用量削減:前年比 2%削減
    (2)実績


    基準年度(平成 27 年度) 昨年度(平成 28 年度) 削減率
    温室効果ガス排 出量(t) 64.7 59.1 8.6%
    電気使用量(KW) 85,860 77,724 9.9%
    自動車用燃料使用量(l) 9,599 8,924 7.0%
    紙使用量(枚) 313,750 298,750 4.7%

  2. 具体的な取り組み内容

    自動車利用の抑制
    社用車の削減
    カーシェアリングの利用促進

  3. エコドライブの推進

    車両別の燃費管理と公表
    工場(丹羽郡扶桑町)との間を一日2往復していたワゴン車便一日1往復に減便

  4. 用紙類の削減

    両面コピー利用などによる紙の使用量削減
    電子掲示板、共有フォルダの利用などによるペーパーレス化

  5. オフィス古紙の分別回収とリサイクル

    分別ボックスの設置
    シュレッダー古紙のリサイクル
    両面コピーの励行

  6. 事務用品事務用機器のリユース

    余剰文具の回収および適切な配布
    使用済み封筒の再利用

  7. 輸送時の廃棄物の削減

    通い箱、通い封筒の利用

  8. 生産活動における廃棄物の削減

    リボン製造工程の見直しによるロスの低減

  9. グリーン購入の推進

    環境ラベル商品の購入リストの整備

  10. 生物多様性を環境方針に追加
  11. 生物多様性に配慮したカーボンフリー製品の開発と販売3
  12. トイレに擬音装置を設置
  13. 電気使用量の削減

    不要照明の消灯の徹底
    店舗蛍光灯をLEDに更新
    省エネタイプの誘導灯の採用
    夏季は早朝、2 階事務所の窓を開くことによりビル内の余熱を取り除く
    春季、秋季、事務所の窓を開くことにより終日外気を取り入れ、蓄熱を排除
    冷暖房を利用する際は、ドア、窓の閉鎖を厳守。(ドアに表示)
    デマント監視装置による警報時は各フロアの電気使用を停止
    3 階エアコンの更新時に高効率の機材に変更

  14. 省エネルギー推進会議の実施
  15. エネルギー使用実績のグラフ掲示
  16. 窓ガラスの断熱塗装
  17. 環境配慮項目の集計

お問い合わせ先


株式会社青山
所在地: 愛知県名古屋市中区栄 3-10-34
担当: 上杉 毅
電話: 052-857-8001
FAX: 052-242-1148
Email: uesugi@aoyama-ribbon.com