ごあいさつ

Greeting

当社は、これまでリボンフラワー・ギフトラッピング資材、プリントラベルなどの商品を通し、人々の生活文化の演出をお手伝いしてまいりました。

暮らしを彩り、潤いと安らぎをもたらす華麗なリボンフラワー・・・・・。
贈る人と贈られる人、心と心をかよわせるセンシャスなギフトラッピンググッズ・・・。
日常の生活用品の数々をデコレートするプリントラベル・・・・・・。

このように私どもは商品=モノを提供するに留まらず、いわゆるリボン文化ともいうベきこころの啓蒙に努めてまいりました。

社会は今本格的な成熟化時代を迎え、豊さの基準もハードからソフトヘと進化し、こころの時代が到来しつつあると言われています。

このような時代の流れの中で、当社は今後も業界のリーダーとして、また、先駆者としての情熱と意欲をもって新製品とそのソフトの開発に努める一方、世界主要都市でのリボンフラワー教室の開催、欧米諸国とのリボンの輸出入促進、海外の優れたプリント技術の導入など、国際戦略にも積極的に取り組み、リボン文化を地球的な規模で推進してまいります。

そして、演出者として、提案者として人々の生活文化の向上に少しでも貢献してまいりたいと思います。

Our company had helped the production of people’s life cultures up to now through commodities such as the ribbon flower, the gift wrapping materials and the print labels, etc.

We came without staying in the offer of commodity = thing, and as much as possible to enlighten the mind that had to be called a so -called ribbon culture.

Our company has the leader of the industry and zeal and the desire as the pioneer, and it works on development and an international strategy of the new item and the software positively.
And, I want to contribute to people’s life culture improvements even a little as those who produce and the proposer of the ribbon culture

会社概要

Company Profile

社名
株式会社青山
創業
1862年(文久2年)
設立
1948年(昭和23年)
資本金
2,100万円
代表取締役社長
青山竜士
Name
K.K. Aoyama & Co
Foundation
1862
Establishment
1948
President
Ryuji Aoyama

本社/Head Office

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3-10-34
3-10-34 Sakae, Naka-ku, Nagoya 460-0008
TEL 052-242-1141
FAX 052-242-1148
地図を見る

東京店/Tokyo Branch

〒111-0052
東京都台東区柳橋1-22-2
1-22-2 Yanagibashi, Taito-ku, Tokyo 111-0052
TEL 03-3864-1141
FAX 03-3864-1460
地図を見る

大阪店/Osaka Branch

〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場4-7-5AOIビル1階
AOI bldg. 1F, 4-7-5 Minami Senba, Chuo-ku, Osaka
TEL 06-6241-6578
FAX 06-6241-6581
地図を見る

青山工業株式会社 扶桑工場/
Aoyama Industry Co.

〒480-0104
愛知県丹羽郡扶桑町斎藤境山20
20 Sakaiyama, Saito, Fuso-cho, Niwa-gun, Aichi
TEL 0587-93-3111
FAX 0587-93-6813
地図を見る

沿革



1862 年 青山庄兵衛商店として、名古屋市中区鉄砲町に絹糸商として開業。明治、大正、昭和に亘り「山庄」の屋号で全国的に商いを広め、第2 次世界大戦まで続く。戦後は、青山義郎商店として設立。糸庄の事業から発展して、人絹糸の製造、人絹織物の関連から細幅織物の画期的な大量生産技術を開発。その後発明されたナイロン、アセテート、テトロン等の化学繊維、合成繊維を駆使した新しい細幅織物の製造方法を開発する。それらを大量かつ安価に生産するとともに、その用途開発に取り込み、産業資材向けリボンの開発、衣料向け洗濯絵表示、品質表示向けリボンの開発、包装資材向けリボンの開発、生花園芸店向けリボン、手作りホビー関連商品、フラワーメイキングリボンの開発など、それぞれの用途に合わせた特殊なスペックのリボンの製造販売に専念する。申請されている特許、実用新案は諸外国を含めて相当数を有する。先代の時代に幾多の発明およびその事業化に成功した事が評され、黄綬端宝章を授与される。商圏も国内のみならず、東南アジア、香港、台湾、タイ、シンガポールにも販路を広め、イタリア、東欧諸国にも輸出されている。

文久2年(1862)初代、青山庄兵衛、組紐類の販売を始める
明治33年(1900)二代目、青山庄兵衛、事業継承
大正13年(1923)フランスよりDMC.刺繍糸及びメダ リヤンレースを 輸入、発売元となる
昭和元年(1926)三代目、青山庄兵衛、事業継承
昭和5年(1930)三重人絹株式会社設立。人絹の製造販売を始める
昭和10年(1935)四代目、青山義郎、事業継承
昭和12年(1937)中華民国天津市に支店開設
昭和23年(1948)株式会社青山商店設立(資本金100万円)
昭和32年(1957)新富工場完成。特許庁長宮奨励賞受賞
昭和38年(1963)本社ビル本館完成。B1~6階(1,056㎡)
昭和39年(1964)青山工業株式会社設立、国家発明賞受賞
昭和46年(1971)本社ビル新館完成。黄授褒賞受賞
昭和48年(1973)株式会社青山に社名変更する(資本金2,100万円)
昭和51年(1976)青山義郎、勲五等双光旭日章受賞
昭和53年(1978)青山工業扶桑工場完成
昭和54年(1979)五代目、(現社長)青山竜士、社長就任
昭和59年(1984)リボンボウの製造方法でUSAはじめ世界17ヶ国の特許取得
昭和63年(1988)大阪の心斎橋に大阪支店を開設
平成元年(1989)本社東館完成
平成2年(1990)東京支店を日本橋へ移転
平成3年(1991)青山工業配送センター完成
平成7年(1995)東京支店を台東区柳橋に取得移転
平成12年(2000)青山竜士、社団法人日本ホビー協会会長 就任
全国花材流通協会理事長 就任
名古屋釦服飾手芸卸協同組合理事長 就任
平成26 年(2014) 本社ビルの耐震補強完成

ショールーム

[ 名古屋 – ショールーム ]

商品の販売もしていますので、商品を手にとってご覧いただけます。
営業時間をご確認の上、お気軽にお立ち寄りください。

アクセス愛知県名古屋市中区栄3-10-34 青山本社1階 地図を見る>
営業時間月~金 AM9:00~PM5:00 土 AM9:00~PM3:00
定休日日・祝
*土曜日は不定休のため お問い合わせください
ショールーム直通TEL: 052-242-8798
FAX: 052-242-5955

[ 東京 – ショールーム ]

事前にご予約が必要です。 営業時間をご確認の上、お電話でお問い合わせください。

アクセス東京都台東区柳橋1-22-2 地図を見る>
営業時間月~金 AM9:00~PM5:00 土 AM9:00~PM3:00
定休日日・祝
*土曜日は不定休のため お問い合わせください
ショールーム直通TEL 03-3864-1141
FAX 03-3864-1460